あいみょんの「マリーゴールド」の英訳|文法&ボキャブラリー、英訳プロセスも解説

歌詞英訳・和訳, 英語学習コラム

 

 

 

こんにちは、かめさん英語ぶろぐです。

 

今回はあいみょんさんの2019年の名曲「マリーゴールド」を英訳してみました。

 

とてもキレイな歌詞なので、海外の方にも知ってもらいたいと思いまして。

 

 

 

英訳と文法解説、そしてどういうプロセスを経てこのような英訳になったのかを書いていきます。

 

なお、筆者はプロの翻訳家ではないのでご容赦を。あと、「ここはこういう訳のほうが良いんじゃない?」みたいなのがあれば、ぜひぜひコメント欄にメッセージを残してください。

 

 

 

 

 

歌詞と英訳全文

 

 

 

とりあえず歌詞と英訳の全文載せます。

 

 

 

 

あいみょんのマリーゴールド、歌詞全文

 

マリーゴールド/あいみょん

 

作詞:あいみょん
作曲:あいみょん

 

 

風の強さがちょっと

心を揺さぶりすぎて

真面目に見つめた

君が恋しい

 

でんぐり返しの日々

可哀想なふりをして

だらけてみたけど

希望の光は

 

目の前でずっと輝いている

幸せだ

 

麦わらの帽子の君が

揺れたマリーゴールドに似てる

あれは空がまだ青い夏のこと

懐かしいと笑えたあの日の恋

 

「もう離れないで」と

泣きそうな目で見つめる君を

雲のような優しさでそっとぎゅっと

抱きしめて 抱きしめて 離さない

 

本当の気持ち全部

吐き出せるほど強くはない

でも不思議なくらいに

絶望は見えない

 

目の奥にずっと写るシルエット

大好きさ

 

柔らかな肌を寄せあい

少し冷たい空気を2人

かみしめて歩く今日という日に

何と名前をつけようかなんて話して

 

ああ アイラブユーの言葉じゃ

足りないからとキスして

雲がまだ2人の影を残すから

いつまでも いつまでも このまま

 

遥か遠い場所にいても

繋がっていたいなあ

2人の想いが

同じでありますように

 

麦わらの帽子の君が

揺れたマリーゴールドに似てる

あれは空がまだ青い夏のこと

懐かしいと笑えたあの日の恋

 

「もう離れないで」と

泣きそうな目で見つめる君を

雲のような優しさでそっとぎゅっと

抱きしめて離さない

 

ああ アイラブユーの言葉じゃ

足りないからとキスして

雲がまだ2人の影を残すから

いつまでも いつまでも このまま

 

離さない

いつまでも いつまでも 離さない

 

 

 

 

 

かめさんによる英訳全文

 

 

The intensity of wind is swaying my mind a little too much

I stared at you with no joke and I adore you

 

Days of tumble

I pretended to be miserable and tried being lazy

But the light of hope keeps shining right in front of my eyes

I am happy

 

With the straw hat, you look like marigold trembling in the wind

It was in the summer when the sky was still blue

Good old romance that we reminisce and laugh about

 

When you said “Never leave me alone” and gazed at me with tearful eyes

I decided to hold you tight with tenderness of cloud and never let you go

 

I’m not strong enough to let out my true feeling

But weirdly enough, I see no despair

The silhouette projected in depth of eyes, I adore

 

Huddling together with our soft skins,

two of us are walking this day tasting the cold air

and we might talk about what we should name this day

 

Ah, saying “I Love You” isn’t enough so we kissed

Because cloud still leaves our shade

Forever and ever, stay just like this

 

Even when we are far apart

I long to have each other on our mind

I hope we both are thinking the same thing

 

With the straw hat, you look like marigold trembling in the wind

It was in the summer when the sky was still blue

Good old romance that we reminisce and laugh about

 

When you said “Never leave me alone” and gazed at me with tearful eyes

I decided to hold you tight with tenderness of cloud and never let you go

 

Ah, saying “I Love You” isn’t enough so we kissed

Because cloud still leaves our shade

Forever and ever, stay just like this

 

Never let you go

 

Forever and ever, I will be with you

 

 

 

 

 

 

英文法解説と英訳プロセス

 

 

風の強さがちょっと心を揺さぶりすぎて

真面目に見つめた君が恋しい

The intensity of wind is swaying my mind a little too much

I stared at you with no joke and I adore you

 

 

 

 

 

「強さ」はstrengthではなくintensityを使いました。

「心を揺さぶる風の強さ」は張り詰めた、ちょっと緊張した感じがしたので強さ以外にも「厳しさ」を表すintensityが適しているかなと。

 

 

Swayは「揺らす、左右する」という意味です。物理的な動き、精神的な動きどちらにも使えます。

 

 

「心」はmindのほかに、spiritheartなどの英訳がありますが、ここで使われている心という単語には、思考とか概念とか「脳みその、考え事をする部分」も含まれていると思ったので、人間の肉体的な部分以外を総括して表現するmindという単語を選びました。

 

 

「真面目に」の訳はseriouslyがまず思い浮かんだのですが、seriouslyだと意味が広すぎるかなと思ったので、「冗談抜きで」という意味のwith no jokeを使いました。Without jokeでもいいのですが、ちょっとカジュアルな感じにしました。

 

 

「恋しい」は日本語独特な表現かなと思います。I miss youとも違うし、I love youでもないし、I‘m in love with youもなんか違うし。で、損得勘定なしにその人の存在が愛おしい、というニュアンスが近いなと思い「adore」をチョイスしました。

 

 

 

 

 

 

 

でんぐり返しの日々可哀想なふりをして

だらけてみたけど希望の光は目の前でずっと輝いている

幸せだ

Days of tumble

I pretended to be miserable and tried being lazy

But the light of hope keeps shining right in front of my eyes

I am happy

 

 

 

 

「でんぐり返しの日々」なんて言い回しどうやって思いつくんでしょうね。
素直に「でんぐり返し」を辞書で調べてみたところ、tumbleという訳が出てきました。

 

で、tumbleを英和で調べたところ、「倒れる、転ぶ、ころぶように飛び出す」という意味があり、「でんぐり返しの日々」があらわしているであろう「上手くいかないダメダメな人生」を描写する単語にピッタリだと思いtumbleを採用。

 

 

 

 

「可哀そう」はどう表現するか悩みました。
候補としては、sad, pitiful miserable, patheticと言ったところでした。
この中でも「可哀そうなふり」という同情を誘うような感じがあるのはmiserableかなと思いました。

 

 

 

 

 

次は「だらけてみたけど」のところ。
Try~ingtry~to doの違いはよく注意されます。

 

Try~ingは「~してみた」

try~to doは「~しようとした」

 

前者は実際にやってみたことで、後者はやってみようとしたけどできなかったことですね。
ここでは「だらけてみたけど」と実際にだらけているので、try~ingが正解です。

 

 

 

 

「希望の光は目の前でずっと輝いている」の箇所は素直に訳しました

希望の光=light of hope

目の前=right in front of my eyes

ずっと輝いている= is shining

 

 

 

 

 

 

 

麦わらの帽子の君が揺れたマリーゴールドに似てる

あれは空がまだ青い夏のこと懐かしいと笑えたあの日の恋

With the straw hat, you look like marigold trembling in the wind

It was in the summer when the sky was still blue

Good old romance that we reminisce and laugh about

 

 

 

 

 

まず「麦わらの帽子の君」「揺れたマリーゴールド」が訳しづらかったので

 

「麦わらの帽子の君が揺れたマリーゴールドに似てる」の部分を

「麦わら帽子をかぶっていると、君は風に揺れるマリーゴールドに見える」

 

言い換えました。

 

 

Trembleは「怖くて震える」という意味で使われることが多いですが「植物が風にそよぐ」という意味もあります。
日本語の方には「風に」という表現はありませんが、多分風にそよいでいるマリーゴールドのことを描写しているんだろうと推測しました。

 

 

 

 

 

次の文の「あれは」はそのままItを使いました。
日本語の方でも曖昧になっているので、英訳の方でも同じにしました。

 

 

 

 

「空がまだ青い夏」「心配事なんてなかった若い日々」を表しているのかなと個人的には思っています。

青い空=雲(心配事)のない日々

夏=若さに溢れる日々

 

 

 

 

「懐かしいと笑えたあの日の恋」もどう英訳すればいいのか悩みました。
とりあえず「あの日の恋」を訳してみることに。

 

 

そこで気付いたのが「あの日」に結構たくさんの意味が込められているということ。
単に過去のある特定の日ではなく、年をとっても鮮明に思い出せる日々、というニュアンスがあるように感じました。

 

 

そこで思いついたのが「Good old days(古き良き日々)」という表現です。これをアレンジしてGood old romance(古き良き恋愛)としました。
和訳すると年寄り臭い感じが出ますが、懐かしいニュアンスも出せるし、生意気に大人ぶってる感じもいいかなと。

 

 

そしてその古き良き恋愛を修飾する「懐かしいと笑えた」の部分はシンプルに関係代名詞を使いました。

 

 

最終的に

「懐かしみ、笑い話にする、古き良き恋愛」という言い回しになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「もう離れないで」と泣きそうな目で見つめる君を

雲のような優しさでそっとぎゅっと抱きしめて 抱きしめて 離さない

When you said “Never leave me alone” and gazed at me with tearful eyes

I decided to hold you tight with tenderness of cloud and never let you go

 

 

 

「もう離れないで」と…
「もう離れないで」とあなたが言ったとき
全て説明し英訳しやすくしました。

 

 

 

この場面での「見つめる」は、「じろじろ見る」などのネガティブなニュアンスがあるStareではなく、ただじっくり眺めるという意味のGazeを使いました

 

 

 

Tearful「涙ぐんだ」という意味です。

 

 

 

次の文章でdecidedを使ったのは、will notよりも強く決心している感じを表現したかったからです。

 

英訳を直訳すると
「雲のやさしさで君を強く抱きしめて、決して離さないと決めた」
という感じです。

 

 

 

 

 

本当の気持ち全部吐き出せるほど強くはない

でも不思議なくらいに絶望は見えない

I’m not strong enough to let out my true feeling

But weirdly enough, I see no despair

 

 

 

 

1文目はほぼ直訳です。

 

Let out「~を放す、(水などを)流出させる、もらす」という意味で、この場面での「吐き出す」にもっとも適した句動詞だと思います。

 

 

 

Weirdly enoughは「奇妙なことに」という決まり文句。

 

 

 

 

次の文章はI don’t see any despairでもいいのですが、I see noとした方が曲のカジュアルな感じに合うと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

目の奥にずっと写るシルエット大好きさ

The silhouette projected in depth of eyes, I adore

 

 

 

誰の目の奥になんのシルエットが写っているのか分からなかったので、そのまま英訳しました。

 

倒置法もそのままなので、主語と動詞のI adoreも後ろに持ってきてます。

 

 

 

 

 

 

 

柔らかな肌を寄せあい少し冷たい空気を2人

かみしめて歩く今日という日に何と名前をつけようかなんて話して

Huddling together with our soft skins,

two of us are walking this day tasting the cold air

and we might talk about what we should name this day

 

 

 

 

 

「柔らかな肌を寄せあい」はどうしようか迷ったのですが、次の文に「少し冷たい空気」とあるので、「寒さをしのぐために身を寄せあう」という意味のHuddle togetherを使ってみました。

 

またhuddle togetherには「密談する」という意味もあるので、2人きりの感じを出すのにもちょうどいいのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

「少し冷たい空気を2人かみしめて歩く今日という日に何と名前をつけようかなんて話して
はいっぺんに英訳するのが大変そうだったので、

 

 

「2人で冷たい空気をかみしめながら歩いている」
「その日になんて名前を付ければいいかについて話したりする」

 

 

という2つの文章に分けてandでつなげました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ アイラブユーの言葉じゃ足りないからとキスして

雲がまだ2人の影を残すからいつまでも いつまでも このまま

Ah, saying “I Love You” isn’t enough so we kissed

Because cloud still leaves our shade

Forever and ever, stay just like this

 

 

 

 

 

1文目はほぼ直訳。

 

「アイラブユーの言葉」ではなく「アイラブユーと言うこと」としました。

 

 

 

次の「雲がまだ2人の影を残すから」解釈があいまいなので、そのまま英訳しました。

 

 

 

 

3文目も直訳ですね。

Forever and ever, stay just like thisAerosmith「I don’t want to miss a thing」をちょっと参考にしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

遥か遠い場所にいても繋がっていたいなあ

2人の想いが同じでありますように

Even when we are far apart

I long to have each other on our mind

I hope we both are thinking the same thing

 

 

 

 

「遠い場所にいても」「離れ離れでも」解釈して英訳しました。

 

 

 

 

ここでの「繋がっていたい」「お互いのことを思い続けていたい」ということと解釈して英訳しました。

 

 

 

 

Longには「望む」という意味もあります。

 

 

 

「2人の想いが同じ」「2人とも同じことを考えている」言い換えて英訳しました。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

あいみょんの「マリーゴールド」。あらためて良い歌ですね。

 

英訳のプロセスを見てお分かりかと思いますが、日本語をそのまま英語にできることって結構まれです。

 

たいてい解釈して、言い換えなければ英訳のプロセスが始められません。

 

実は日本人が英語習得に時間がかかる理由の1つがこれなのです。

 

いまいちスピーキングやライティングが苦手、という人はこの「言い換え」を意識して見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク